メイクと一緒に肌のうるおいも奪っていませんか?

クレンジング 乾燥肌

 

メイク落としにクレンジングは欠かせませんが、肌の潤いまでゴッソリ持っていきます。洗い上がりのつっぱり感、カサつき…困りものですよね。

 

クレンジングで乾燥する理由は、界面活性剤が肌の油分を奪ってしまうから。

 

メイクも皮脂も同じ『油分』なので、洗浄力の強いクレンジングは必要な皮脂まで奪ってしまうのです。そのためメイクに応じたクレンジング選びは重要なポイント!

 

こちらでは

  • 失敗しない乾燥肌クレンジングの選び方
  • 乾燥を防ぐメイク落としのやり方

を解説します。落としすぎないケアを知れば今日から乾燥を予防できますよ。

 

 

 

 

乾燥肌のクレンジングの選び方

乾燥肌 メイク落とし

 

そもそも乾燥肌とは、肌の水分や皮脂が不足しうるおいがなくなった状態。お風呂上がりにお肌がつっぱるのは、水分が蒸発して柔軟性を失ったからなんです。

 

顔も同様。皮脂の落としすぎは乾燥に繋がるので、クレンジングは『落としすぎない』をテーマに選ぶのがポイントです。

 

メイクに合わせた洗浄力で選ぶ

クレンジングを洗浄力の強さで並べるとオイル>ジェル>クリーム>ミルクの順になります。洗浄力が強いほど乾燥しやすいですが、優しさばかり重視するとメイクが落ちず後悔することに。普段のメイクの濃さに合わせて選びましょう。

 

セラミド配合ならうるおいを残せる

セラミドとは肌の細胞同士をつなぐもの。肌に本来備わっているものですが、洗顔とともに流れ出てしまいます。セラミド配合タイプなら洗い上りのうるおいを残し、乾燥を予防してくれます。

 

メイク落ちの早さは重要

クレンジングは肌に乗せている時間が長いほど乾燥します。そのためメイクと素早くなじんで落とせるタイプほど乾燥しにくいでしょう。すすぎも早ければなお優秀!

 

高保湿タイプがおすすめ

クレンジングの保湿成分にはヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、美容オイル、スクワランなどがあります。洗顔・スキンケアまでの時間が長い人は保湿力もチェックを。

 

 

乾燥肌におすすめのクレンジングランキング

 

HANAオーガニック ピュアリクレンジング

乾燥肌 クレンジング おすすめ HANAオーガニック

HANAオーガニック ピュアリクレンジングの特徴
濡れた手NG W洗顔必要 しっとり 高保湿 毛穴 くすみ 無添加 低刺激
価格 税抜3,334
評価 評価5
種類 クリーム
HANAオーガニック ピュアリクレンジングの総評
HANAはオーガニックにこだわった天然原料100%!植物由来の界面活性剤だから、キチンとメイクを落としつつも皮脂を奪いすぎません。こっくりとしたクリームは摩擦が少なく贅沢な使用感。毛穴ケアの美容成分もたっぷりで、洗い上がりは毛穴の目立たないみずみずしい素肌に♪
アテニア スキンクリアクレンズオイル

乾燥肌 クレンジング アテニア

アテニア スキンクリアクレンズオイルの特徴
濡れた手OK まつエクOK W洗顔不要 しっとり ノンコメド エイジングケア くすみ 低刺激
価格 税込1,836
評価 評価4.5
種類 オイル
アテニア スキンクリアクレンズオイルの総評
4種類の高級オイルを配合した美容クレンジング。皮脂になじみやすいオイルを使っているので肌の乾燥を防ぎます。独自のウォーターキャッチオイル処方でメイクを10秒オフ、うるおいを奪わずにしっかりメイクを落とす優秀アイテム!
カバーマークトリートメント クレンジング ミルク

乾燥肌 クレンジングミルク おすすめ  カバーマーク

カバーマークトリートメント クレンジング ミルクの特徴
濡れた手OK まつエクOK W洗顔必要 しっとり 高保湿 低刺激
価格 税抜3,000
評価 評価4.5
種類 ミルク
カバーマークトリートメント クレンジング ミルクの総評
89%が美容液成分の乳液タイプのクレンジング。ミルクとは思えないほどメイク浮きがスムーズで、後残り感なくスッキリ。洗い流し後は保湿成分『MCキトサン』が肌の上にヴェールをつくり、まるでスキンケアしたかのようにモチモチに。洗浄力とうるおいを両立したい人におすすめ。
アルマード チェルラーパーフェクトクレンジングジェル

乾燥肌 クレンジングジェル おすすめ アルマード

アルマード チェルラーパーフェクトクレンジングジェルの特徴
濡れた手OK まつエクOK W洗顔不要 しっとり エイジングケア 毛穴 くすみ 低刺激
価格 初回限定2,991
評価 評価4
種類 ジェル
アルマード チェルラーパーフェクトクレンジングジェルの総評
注目成分『卵殻膜エキス』を配合した美容クレンジング。洗浄力と保湿力に優れた水を使い、メイク・角質・大気の汚れまで浮かせてキャッチ。エッセンシャルオイルが潤いを与え、洗うたび透明感を実感。乾燥しやすいW洗顔は不要です。

初回は34%OFFの税込2,991円。朝晩使っても1本で2ヶ月分、コスパも良好!
ポーラ モイスティシモ クレンジングクリーム

乾燥肌 クレンジングクリーム おすすめ ポーラモイスティシモ

ポーラ モイスティシモ クレンジングクリームの特徴
濡れた手NG W洗顔必要 しっとり エイジングケア 高保湿 低刺激
価格 税抜3,500
評価 評価4
種類 クリーム
ポーラ モイスティシモ クレンジングクリームの総評
ポーラの高保湿メイク落とし。なめらかなクリームは肌の上でオイルに変化し、うるおいを保ちながらメーク汚れをすっきり洗浄。洗顔後ももっちり潤いに満ちた肌に整えます。「どんなに保湿しても乾きを感じる」という人にこそ使ってほしい1本。
ファンケル マイルドクレンジングオイル

乾燥肌 クレンジングオイル おすすめ ファンケルのマイクレ

ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴
濡れた手OK まつエクOK W洗顔必要 しっとり ノンコメド 毛穴 無添加
価格 お試し500
評価 評価4
種類 オイル
ファンケル マイルドクレンジングオイルの総評
大人気・マイクレはオイルなのにつっぱらない洗い上がりで人気。うるおいを残しつつメイクを落とす『三段落ち』処方でお肌をツルツルに。肌ストレスを排除した5項目の無添加、角栓ケアまでできる優秀コスメ。

WEB限定トライアルボトルは1ヶ月分500円でお試し可能。2018年ベストコスメの人気アイテム、格安で試してみて!
マナラ ホットクレンジングゲル

クレンジングジェル おすすめ マナラホットクレンジングゲル

マナラ ホットクレンジングゲルの特徴
濡れた手NG まつエクOK W洗顔不要 しっとり 高保湿 エイジングケア 毛穴 くすみ 低刺激
価格 初回税込2,990
評価 評価3.5
種類 ジェル
マナラ ホットクレンジングゲルの総評
肌の上でじんわり温まる温感タイプ。ヒアルロン酸・スクワラン・セラミドなど保湿ケア成分と、ローヤルゼリーエキス・ビタミンC誘導体などのエイジングケア成分をたっぷり配合。乾燥を予防しながら毛穴の黒ずみ・たるみをケアしたい人におすすめ!

通常税込4,104円ですが、初回キャンペーンならサンプルセット付き2,990円でお試しできます。累計販売1,000万本以上、日本一売れてるホットクレンジングをお得に試してみて。
ママバター クレンジングミルク

ドライスキン クレンジングミルク おすすめ ママバター

ママバター クレンジングミルクの特徴
濡れた手NG W洗顔不要 しっとり 高保湿 エイジングケア くすみ 無添加 低刺激
価格 税抜2,070
評価 評価3.5
種類 ミルク
ママバター クレンジングミルクの総評
10種のオーガニック原料を使ったメイク落とし。ホホバ種子油、ラベンダーオイル、ローズマリー葉エキスなど天然の保湿成分がクレンジング後の肌にうるおいを与え透明感のある素肌に。大容量240gなのでコスパを気にせずたっぷり使えます。
コーセー プレディア スパ・エ・メール ファンゴWクレンズ

乾燥肌 クレンジングクリーム おすすめ コーセープレディア

コーセー プレディア スパ・エ・メール ファンゴWクレンズの特徴
濡れた手NG W洗顔不要 さっぱり 高保湿 毛穴 低刺激
価格 300g:税抜4,500
評価 評価3.5
種類 クリーム
コーセー プレディア スパ・エ・メール ファンゴWクレンズの総評
天然ミネラル配合のクリーム。柔らかいテクスチャが優しく伸び広がり、メイクや毛穴汚れを穏やかに取り除きます。洗い上がりはまるでスパを受けた後のように、毛穴の目立たないキメのふっくらした肌に。@コスメではクリーム部門第3位の人気アイテム!
シンデレラタイム ブースターセラムナノクレンジング 高保湿タイプ

乾燥肌 クレンジングリキッド おすすめ シンデレラタイム

シンデレラタイム ブースターセラムナノクレンジング 高保湿タイプの特徴
濡れた手OK マツエクNG W洗顔不要 しっとり 高保湿 無添加 低刺激
価格 税抜1,880
評価 評価3.5
種類 ジェルリキッド
シンデレラタイム ブースターセラムナノクレンジング 高保湿タイプの総評
人気ブランド・シンデレラタイムの高保湿タイプ。ホホバオイルとスクワランオイルが肌表面の『皮脂膜』を補って、乾燥を防ぎます。低刺激処方なので乾燥性の敏感肌の人にもおすすめ。アロマの香りでリラックス効果も♪

 

 

お肌を乾燥させないクレンジングのやり方

乾燥肌 クレンジング やり方 方法

乾燥肌はスピードが命!

クレンジングは肌に乗せる時間が長いと乾燥を招きます。肌に乗せてから1分以内に洗い流しましょう!ポイントメイクだけ先にリムーバーで落としておくと時短になりますよ。

 

量をケチらない!

クレンジング剤は摩擦を防ぐクッションの役割も果たします。少ない量でメイクを落とそうとすると肌をこする可能性があるのでケチらずに。メイクの浮きが早くなるので時短にも有効です。

 

すすぎの温度は『ぬるま湯』!

体温より高い温度ですすぎをすると肌の水分が奪われ、乾燥が進みます。逆に冷水だと毛穴が閉じて汚れが落としきれないので、32〜34℃のぬるま湯が最適です。

 

 

お肌の『つっぱり』を感じたら

つっぱる人はクレンジングが肌質に合っていないか、時間が長すぎる可能性があります。洗浄力が穏やかなミルクタイプに変えるか、手早くクレンジングを終わらせるよう変化を付けてみましょう。

 

とはいえ、クレンジング後はどのタイプもある程度油分が奪われます。洗顔後の保湿ケアを入念に行ってください。

 

ダブル洗顔は不要?必要?

一般的に、ダブル洗顔をすると乾燥しやすいのでよくないとされています。肌の保湿成分であるセラミドやNMFを洗い流してしまう可能性があるからです。

 

ただクレンジングと洗顔では落とせる汚れの種類が違います。クレンジングはメイクを、洗顔料は皮脂やタンパク質を落とすための行程。汚れを落としきる意味では必要な部分もあります。

 

そのため使い分けるとすれば、メイクの濃さが一つの基準になります。

 

濃いメイクの日 クレンジングオイルでしっかり落とし、ダブル洗顔までやる
薄いメイクの日 ダブル洗顔不要のクレンジングを使い、お肌を休ませる

 

洗浄力の違う2つのクレンジングを使い分ければ、肌の負担を減らすことができますよ。

 

 

乾燥肌を招く原因

乾燥肌 原因

 

肌が乾燥する原因は加齢、紫外線、タバコ、ストレス、睡眠不足、偏食、ホルモンバランス…数えきれないほど!そのためこちらではスキンケアに絞ってお伝えします。

 

肌のうるおいを奪う間違ったスキンケアは

 

・熱いお湯に長風呂する
・熱いお湯で顔をすすぐ
・シャワーを直接顔に当てる
・肌をゴシゴシこする
・長時間クレンジングする
・肌質に合わないクレンジングを使う
・頻繁にあぶらとり紙を使う

 

など。どれもついやってしまいがちですよね。

 

特に毛穴の汚れを落とそうとして無理に温めて毛穴を開くのは逆効果。肌の水分が一気に奪われるので、肌はバリアのために皮脂を分泌し始めます。

 

過剰な皮脂はまた毛穴に詰まり、黒ずみになり…という負のスパイラルに陥る可能性も。

 

 

肌が乾燥するデメリットは多い

 

乾燥はあらゆる肌トラブルの入り口。例えば『見た目』に関することだけでもこれだけのデメリットが考えられます。

 

× 肌の表面だけがテカる
× 肌がつっぱり粉をふく
× ニキビ・肌荒れになりやすい
× 化粧が乗りにくい・崩れやすい
× 毛穴が開いて詰まりやすい
× キメが乱れてくすみやすい
× 小じわ・たるみができやすい

 

特に深刻なのはくすみ・しわ・たるみといった見た目年齢を上げる肌悩みでしょう。肌の水分量が足りないことでハリを失い、老化現象が始まります。

 

乾燥が新たなトラブルを生むケースも

乾燥肌 敏感肌 混合肌

 

乾燥状態が続くと、肌の保護機能である『バリア機能』が低下。ダメージをもろに受けるようになり、ちょっとした刺激に過敏になる『敏感肌』の状態になります。

 

こうなると見た目の変化だけでなく痒み・ヒリヒリ感・赤みなど、クレンジングそのものが苦痛になる症状に発展するケースもあります。

 

また部分的に乾燥していたり、乾燥しているのにテカったりという

 

・混合肌
・乾燥性脂性肌(インナードライ)

 

のような厄介な肌質もあります。皮脂が出ている=脂性肌と勘違いしがちですが、いずれも元をたどると乾燥から始まっている場合が多いです。

 

 

乾燥肌に負けないために

乾燥肌は誰もがなる可能性があります。もともと年齢とともに皮脂の分泌量は減っていくので、30〜40代を迎えた女性には避けられない悩みでしょう。

 

クレンジングで大切なのはとにかくうるおいを奪わないこと。メイクの濃さに合わせて適切なクレンジングを選ぶことがポイントです。

 

皮脂を悪者扱いせず、落としすぎないようにすればテカリが収まるケースもありますよ。

 

 

>> クレンジング100選|毛穴つるん!美肌が叶うおすすめメイク落とし  TOP

美肌を叶えるクレンジング100選

クレンジング100選