クレンジングの種類別おすすめベスト10|クレンジング100選記事一覧

クレンジングオイルの特徴クレンジングオイルは洗浄力の強さが特徴。メイクは『油性』なのでオイルと馴染みやすく、濃いベースメイクやウォータープルーフマスカラも短時間で落とせます。タイプ別比較表(タップで拡大)多くのクレンジングオイルには、洗浄成分である『界面活性剤』も配合されています。そのため皮脂まで一緒に奪ってしまい、肌への負担が大きくなりがち。乾燥を避けるには、自分に合ったタイプを選ぶ必要がありま...

クレンジングリキッドの特徴リキッドクレンジングはベタつきのない爽快な洗い上がりが特徴。油分残りがないので、軽い仕上がりでスピーディーにメイクを落とすことができます。タイプ別比較表(タップで拡大)洗浄力は高く、オイルフリーならほとんどがまつエク中でも使えます。ただアルコール類が使われているため乾燥しやすく、肌質によっては刺激を感じることもあります。リキッドクレンジングの失敗しない選び方リキッドクレン...

クレンジングジェルの特徴クレンジングジェルは洗浄力と優しさのバランスに優れています。肌に刺激が少ないうえ毛穴ケアもできるので、毛穴の黒ずみ・開きが気になる人とも相性が良いんですよ!タイプ別比較表(タップで拡大)オイルやクリームに比べてサッパリした洗い上がりが特徴。テクスチャはみずみずしく弾力があり、摩擦も少ないため肌への負担もかかりません。クレンジングジェルの上手な選び方メイクを落とすためには『油...

クレンジングミルクの特徴ミルクタイプのクレンジングは最も肌への刺激が少なく、洗い上がりもしっとりしています。皮脂を奪い過ぎないので乾燥せず、肌ダメージが少ないのが特徴。タイプ別比較表(タップで拡大)優しさの反面、落とす力はどうしても控えめで、濃いメイクを落とすことはできません。そのため薄化粧の人や敏感肌・乾燥が気になる30〜40代を中心に人気が高いです。失敗しない!ミルククレンジングの選び方ミルク...

クレンジングバームの特徴クレンジングバームは洗浄力・低刺激・保湿力のバランスが取れた優秀アイテム。メイクがするっと落ちるので肌の負担になりにくく、乾燥しない洗い上りが特徴です。タイプ別比較表(タップで拡大)バームは手のひらの温度で溶かして使うためやや手間はかかります。しかし柔らかい使用感と、優れた毛穴ケア効果は使う価値十分!人気アイテムも多いです。失敗しない!バームクレンジングを選ぶポイントクレン...

クレンジングクリームの特徴クリームクレンジングは、こっくり濃厚なテクスチャでしっとりした洗い上がりが特徴。オイルに比べ肌のうるおいを奪い過ぎず、摩擦も少ないのでお肌にダメージを与えにくいというメリットがあります。タイプ別比較表(タップで拡大)美容・保湿成分を配合し、化粧下地として使えるものもあります。オイルに比べメイクに馴染むまではやや時間がかかりますが、オイルで乾燥が気になる人とは好相性!クレン...

毛穴の黒ずみに効果的なホットクレンジング温感タイプのメイク落とし・ホットクレンジングジェル。普通のクレンジングジェルより美容効果が高く、毛穴を開き、詰まった汚れを取りやすくする血流を促し、肌の代謝を高める角質を柔らかくし、汚れを落としやすくするという蒸しタオルと似た働きを期待できます。メイクを落としながら肌を温めることで、結果的に毛穴の黒ずみを落としやすくしてくれるんですね!なぜ温まるのかというと...

炭酸クレンジングの効果『炭酸』というとジュースやお酒を想像しますよね。最近は炭酸シャンプー、炭酸洗顔、果ては炭酸化粧水なんてコスメまで登場しました。では炭酸クレンジングはどんなもの?というと、メイク落としに炭酸を配合することでメイクを浮かせやすくする黒ずみや汚れを浮き上がらせる美容成分をとどまらせるという効果が得られます。『浮かせる』効果ばかり注目されがちですが、こすらずメイク汚れを落とせるので肌...

美肌を叶えるクレンジング100選

クレンジング100選