MIMURA クレンジングオイルの評価は?

MIMURA クレンジングオイル

濡れた手OK

まつエクOK

W洗顔不要

しっとり

高保湿

毛穴

 

 


MIMURAは「潤ったまま落とす」がコンセプトのクレンジングオイル。肌が窒息しそうなほどの練白粉をしている舞妓さん、芸妓さんからも選ばれるパワフルな洗浄力です。

 

たくさんの美容オイルや保湿成分を使っている高保湿クレンジングですが、実際の洗い上がりはどうでしょうか?またメイクの落ち具合も気になります。本音の意見を見てみましょう!

 

 

 

ミムラ・クレンジングオイルの口コミ

 

実際にMIMURAの『クレンジングオイル』を使った方の意見をまとめてみましょう!

 

良い口コミ・悪い口コミともに忖度一切なし、気になったものを吸い上げています。あなたの肌質や年代と近い人の口コミを参考になさってください。

 


私は普段クリームファンデーションが好きで使っているのですが、これでしっかりと落とせました。オイルクレンジングは様々なメーカーから出てるし、使い勝手もそれぞれなのですが、これはかなり上質だと思います。

 

植物性のオイルを使っているから肌への優しさが抜群。柔らかめのオイルで肌になじみやすく、ワンプッシュでいけます。メイクがういてきたら少量の水でなじませていくとすすぎも楽です。コスパが良いところもお気に入りです。

(30代・乾燥肌)


オイルクレンジングは苦手・・・という人でも、乾燥しないで使えるのではないでしょうか?でも、私はこれを洗い流すのに一苦労しています。ぬるつきが残ってしまい、何度もすすがなくてはいけないという。何かコツでもあるのでしょうか。メイクはしっかりと落ちるのでこれだけが残念なところです。

(30代・敏感肌)


オイルというとべたつきやぬるつきが気になるものですが、このクレンジングオイルは使用感が良くて、口コミ通りでした。手に出しやすくて毎日のクレンジングにストレスがないです。オイルだと肌の乾燥も帰任るところですがこれなら安心。

 

W洗顔もしなくて良いからお風呂場でも使え、冬場はとくにうれしいです。私の場合、毛穴の汚れやつまりが気になっていたのですが、それが無くなったのがとっても嬉しいです。

(30代・混合肌)

×
洗浄力と、肌へのやさしさはまあまあな商品かと思います。でも特別、これじゃないといけない理由を感じません。あと残念なのは見た目。デザインが可愛くない!置いておくならもっとシンプルな方が良かった。

(20代・乾燥肌)


マツエクしていてもオッケーなところがとっても気に入りました。洗浄力が高いのにお肌に優しいとうところも。この両立ってとっても難しいと思うので・・・。毛穴汚れはばっちり落とせるとか、肝心なところはしっかり仕事してくれます。

 

すすいだ後はぬるつきやべたつきは全く感じないのに、お肌のうるおいは適度に残っています。

(20代・普通肌)


肌にのせるとさらりとした感触のオイルで、手に出したときとはちょっと違います。手のひらの上では少しとろみがあるのでこぼしてしまうことがなく、使いやすいです。

 

リップやアイライナー、アイシャドウなどポイントメイクもこれ一つで落としきれますし、さらには洗顔もいらないという手軽さ。オイルクレンジング特有のにおいもないですし、お風呂場に置いておいても素敵なデザインです。

 

コツはすすぎのときに一気にすすがずに、少量の水かお湯で乳化させること。これさえ守れば難しいことはありません!!

(40代・乾燥肌)

 

ミムラ・クレンジングオイルの口コミをまとめてみると

 

口コミから見えてきたのはMIMURA クレンジングオイルの評判の高さでした。好意的な意見で目立ったのは、

 

オイルクレンジングだけど乾燥しない
洗ったあとの肌がしっとりする
ポイントメイクもこれ一つでしっかりと落とすことができる
やわらかめのオイルでなじみが良い
植物由来なので安心感がある
角栓や毛穴汚れにも効果あり

 

などが高評価のポイントでした。

 

マイナス評価はほとんどありませんでしたが、少数意見として

 

× ボトルを可愛くおしゃれにしてほしい
× 洗いながす時にコツがいる

 

というものがありました。

 

今まで使ったオイルクレンジングは乾燥するから苦手、落ちの悪いクレンジングにストレス…。そんな経験がある方にも扱いやすいクレンジングオイルと言えそうですね。

 

 

ミムラクレンジングオイルの成分

ミムラ クレンジングオイル 成分

 

6種類のボタニカルオイル

アボカドオイル、マカデミア種子油、ツバキ種子油、ワサビノキ種子油、オプンチアフィスインジカ種子油、ホホバ種子油を贅沢に使用しています。天然オイルはお肌になじみやすいので、特に乾燥肌の人と好相性。オイルでも乾燥せず、逆にしっとり潤う洗い上り。

 

3種類のセラミド

セラミドはお肌の細胞間脂質で、肌の保水力と大きく関係があります。ミムラのクレンジングオイルには人間の皮膚にあるセラミドの構造に近い3種類のセラミドが入っているので、流失しやすいセラミドのうるおいをキープ。

 

3種類のエッセンシャルオイル

アロマオイルにはリラックスとリフレッシュの働きがあります。ラベンダー油、ベルガモット果実油、ローズマリー葉油の香りでメイク落としの時間が贅沢なリラックスタイムに。

 

 

MIMURA クレンジングオイルの使い方

ミムラ クレンジングオイル 使い方

  1. 手を洗って清潔にする。
  2. 乾いた手に適量(2〜4プッシュ)を取る。
  3. 顔の皮脂の多い部分からなじませていく。
  4. 全体になじんだらオイルに数滴水をたらし、乳化させる。
  5. 顔全体のオイルが白くなったら、ぬるま湯で洗い流す。

 

顔になじませる順番は、皮脂の量が多い順。おでこ〜鼻のTゾーン→フェイスラインのUゾーン→頬→アイメイク、リップの順になじませます。ポイントメイクを最後にすることで、マスカラの繊維で肌を傷つけることが無くなります。

 

ポイントはCの『乳化』。オイルに少量ずつ水をたらし、なじませることでオイルが白く濁ってきます。これが乳化で、油分と水分がなじんで洗い流しがスムーズになります。すすぎはぬるま湯で丁寧に。

 

 

ミムラクレンジングオイルはW洗顔不要

独自の製法で毛穴の奥の汚れまで洗い流せるので、ダブル洗顔の必要はありません。美容オイルの働きもありしっとりしたままスキンケアに進めます。

 

ただ、さっぱりとした洗い上りが好みという場合は洗顔料で洗顔しても問題ありません。乾燥が気になる人はクレンジングのみで終わっても大丈夫です。肌の状態に合わせて洗顔するか決めてください。

 

 

マツエク中でも使用OK

一般的な『シアノアクリレート系』グルーを使っているまつ毛エクステンションなら、ミムラのクレンジングオイルでメイクを落としても問題ありません。

 

無理にこすったり引っ張ったりすると外れやすくなるので、まつ毛のラインに沿って優しくメイクとなじませましょう。

 

 

ミムラクレンジングオイルの製品情報

メーカー

株式会社NAPO

ブランド

MIMURA(ミムラ)

価 格

税抜3,000円

内容量

150

販売店

・アットコスメストア
・アインズ&トルペ
・ロフト
・東急ハンズ
・サンドラッグ
・ダイコク
・PLAZA
・ショップイン など

全成分

パルミチン酸エチルヘキシル、テトラオレイン酸ソルベス−30、アボカド油、マカデミア種子油、トリエチルヘキサノイン、水、グリセリン、BG、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、サトウカエデ樹液、ホホバ種子油、ワサビノキ種子油、スクワラン、ツバキ種子油、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、セラミドEOP、オプンチアフィクスインジカ種子油、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイルラクチレートNa、トコフェロール、フェノキシエタノール、ラベンダー油、ベルガモット果実油、ローズマリー葉油

 

 

>> クレンジング100選|毛穴つるん!美肌が叶うおすすめメイク落とし  TOP

美肌を叶えるクレンジング100選

クレンジング100選